中学受験の必要性

TOKIOの山口達也さん主演の「受験の神様」が日テレで土曜の9時
から放映されたのも記憶に新しいところです。「中学受験」がドラマの題材になってしまうくらい、普通のことになってるんですね。
首都圏の小学生6人に1人が中学受験をする現在。私の頃は中学受験なんて、一部のお金持ちしか考えていませんでした。これは単純に「昔のほうがゆとりがあってよかった」なんてことではないと思います。
「今の子供たちのほうが選択肢が増えた」私はそう考えています。中学の頃から自分が学びたい学校を選べる。これは素晴らしいことだと思います。
大学までエスカレーター式の中学に入れてしまえばあとが楽。これもひとつの考え方です。子供にとっても中学受験さえがんばってしまえば、あとは厳しい受験戦争からさよならできるので、実はおすすめかもしれません。
「中学受験」の持つ一番重要な意味は「我が子の人生の選択肢を広げてあげる」ことだと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。